ピアノの引っ越しの料金相場と注意点

今回はピアノ買取のお話しです。引っ越しにかかる料費用は、出来るだけ安く済ませたいと思う人がほとんどではないでしょうか。それには、荷物の量をいかに少なくできるかがポイントになってきます。しかし、ピアノなど大型で運ぶのに特殊な技術が必要となる場合には、引っ越し業者ではなく、専門の業者に依頼しなくてはならず追加の費用が発生するので注意が必要です。

ピアノを運ぶには、移動料金によって決まる基本運送費用に、クレーン車を使うなど特殊な運搬に生じる特殊作業料金が加算されて決まります。
また、アップライトピアノかグランドピアノかによっても費用は異なります。例えば、10km以内の移動距離であれぱ、基本運送費用は前者が18,000円前後、後者が30,000円前後というのが相場となってくるでしょう。

ここに特殊作業料金が加わるわけですが、こちらはアップライトピアノかグランドピアノかによってそれほど差は生じません。クレーン車を利用する場合の相場が10,000円~25,000円程度となっています。また、階段を利用する場合には1階増えるごとに費用が加算されていく仕組みを採用しているところが多く、相場は1階ごとに5,000円~9,000円程度となります。

知っておきたい!中古ピアノを購入する際の注意ポイント

ピアノは高額であるため、中古の製品を購入する人も少なくありません。しかし中古ピアノは価格が低い分、購入するなら注意しなければならないポイントも多いです。最も大切なことは、状態を正しく見極めることでしょう。

せっかく安く購入しても、正しく弾けないようなものだと意味がありません。たとえ中古であっても、適切にメンテナンスがされているものであれば、問題なく弾けると考えて良いでしょう。行き届いたメンテナンスが施されていれば、新品とほとんどの差がない状態になっているケースもあります。そのため板にひび割れがないことや、パーツが折れていないことなどをチェックしたいところです。しかし、こういったメンテナンスの状態を精密に検査するのは素人には困難です。

そこでおすすめなのが実際に弾かせてもらうことです。弾いていてタッチに違和感があったり、音色にノイズが混じったりしていたら要注意です。メンテナンスがしっかり行われていない可能性があります。またメンテナスだけでは、カバーできないほどの損傷があるかもしれません。購入した後に違和感やノイズがなくなる可能性は低いです。些細なことでも何かに気づいたら、購入前に徹底的に質問しましょう。

ピアノを買う前に!トラブルを避けるために確認しておきたいこと

これからピアノの購入を検討している場合に確認しておきたいことがあります。
まずピアノを弾ける環境が整っているのかを確認してみた方が良いでしょう。特に賃貸で利用する場合、近所の迷惑になってしまう可能性があります。また、そもそも楽器を不可にしているケースも多いです。それにも拘らず楽器を使用するとトラブルになりますので注意した方が良いでしょう。

搬入できるかどうかも確認ポイントです。電子ピアノ程度なら問題はありませんが、大型サイズですと部屋に入れることができるのか下調べをしなければいけません。因みに私は失敗経験があるのですが、いざ搬入の時に部屋に入らなかった時にはショックでした。結局別の部屋に入れることができたので良かったものの、場合によっては搬入が不可の場合もあるかと思われますので、十分に下調べをしておくようにしましょう。

吊り上げが必要になる可能性と費用についても確認しておくと安心です。もし搬入が難しい時には吊り上げも考えなければいけませんが、もし必要になった時には別途費用が発生する可能性が高いです。せっかくお得にピアノを手に入れられたとしても、吊り上げ費用で何万もかかってしまいますので、その点もきちんと考慮した方が良いと言えます。

ピアノ運送をする際にどんな方法があるのかと注意点について

引っ越しなどでピアノ運送を依頼するのは、一般的に引っ越し会社かピアノ運送専門会社になります。どちらに依頼しても問題ありませんが、ピアノ運送費用はピアノの種類や撤去・設置する部屋の階数、運送距離により算出されます。

まずピアノは特に重いグランドピアが高いです。そして問題なのは、2階以上の部屋にお住まいの場合です。エレベーターが使えても別料金を取る会社もあり、エレベーターのないマンションなら1階ごとに特別料金が加算されます。さらに人の手では運べない場合はクレーン車で吊り下ろします。

またクレーン車が入らない狭い場所では、滑車や突っ張り棒などを使って手吊りと呼ばれる方法で運搬します。ピアノ購入時に搬入や設置に難儀された場合、撤去の際にも同じように難儀なことになる覚悟が必要です。

またピアノ運送の注意点は、再設置後にピアノの調律をきちんとやってもらえる会社を選ぶことです。ピアノは非常にデリケートですから、慎重に運搬作業をしても調律が狂ってしまいます。ピアノ運送専門会社なら、オプション料金が取られる場合が多いですが、ほとんどの会社で調律してもらえます。中小の引っ越し会社の場合、調律自体を扱っていないところも多いので、きちんと調律してもらえる会社から選択しましょう。

ピアノがあると引越し費用は高くなりますか?

引越し費用は業者によっても違いますが、ほとんどは荷物の量によって決まってくるといえるでしょう。特に大型家電や大型家具などがあると、費用は高くなりがちです。また、ピアノなどは運ぶのに専門業者が必要となってくることから、費用は割高になってしまいます。一般的な引越し業者ではなく、専門の業者に依頼しなくてはならないのです。
また、引越し元、引越し先の建物の状態によって搬入・搬出にクレーン車を利用しなければならなくなることもよくあります。エレベーターがあってもピアノが入らないということも考えられますし、エレベーター自体が無ければ階段を使うこともありますが、踊り場のスペースが小さければそれも無理というものです。クレーン車を使った場合も階段を使って人力で運ぶ場合にも、特殊作業となるので追加で料金がかかってきます。
さらに、クレーン車もエレベーターも階段もいずれも利用できないことがあります。その場合は、滑車や専用の突っ張り棒を使って吊り上げて搬入することになり、対応する業者が限られているのであらかじめ確認しておくことが必要です。他にも、ピアノを解体して、引越し先で組み立てるという方法もあります。
追加料金は、アップライトピアノかグランドピアノかによっても異なります。